プレーン構成

BD-Jにおける表示画面は次の3種類の仮想的なデバイスの出力を下から順に重ねたものである。
  1. Graphics Device: AWTによる描画用プレーンに相当
  2. Video Device: Movie PlayList再生用プレーンに相当
  3. Background Device: 単一色や静止画用プレーンに相当

 

以下の例外を除き、原則としてGraphics DeviceとBackground Deviceの解像度は、同時に再生されるMovie PlayListの解像度となる。
  • Movie PlayListが再生されない場合:BD-J Object fileterminalInfo->initial_HAVi_Configuration_idの値で決定
  • Device Configurationを特別に指定した場合:以下の組み合わせが可能となる
    • 1920×1080のビデオと960×540(QHD)のGraphics Device
    • SD解像度のビデオと1920×1080のGraphics Device(KEEP_RESOLUTION)

 

まとめると次の表のようになる。

 

Movie PlayListのビデオ解像度 プレーン解像度 備考
ビデオ グラフィックス バックグラウンド
1920×1080 1920×1080 1920×1080 1920×1080
1920×1080 1920×1080 960×540 1920×1080 QHD
1280×720 1280×720 1280×720 1280×720
720×480 720×480 720×480 720×480
720×480 1920×1080(*1) 1920×1080 1920×1080 KEEP_RESOLUTION
720×480 1920×1080(*1) 960×540 1920×1080 QHD+KEEP_RESOLUTION

 

(*1) 1920×1080の画面の中にビデオが小さく表示される

 


関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください