Local Storage

本ページではBD-JにおけるLocal Storageに関する情報をまとめる。

 

Local Storageは不揮発性のメモリであり次の2つの領域に分けられる。
  1. Application Data Area (ADA)
  2. Binding Unit Data Area (BUDA)
認証済みのアプリケーションは、この2つの領域に対するアクセスが可能となる。
以下、それぞれの領域についての情報をまとめる。

 

Application Data Area (ADA)

本領域は、ゲームのハイスコアなどアプリケーションのデータを格納することを想定した領域である。
アプリケーションは次の2種類のディレクトリを読み書き可能である。
  • <dvb.persistent.root>/ <organization_id> / <application_id>
  • <dvb.persistent.root>/ <organization_id>
ここでそれぞれのシンボルは次の意味を持つ。

 

Credential

ADA中の他のorganizationに属するファイルを読み書きしたい場合、そのファイルの持ち主(Grantor)によって署名されたCredentialをPRFに格納することでアクセス可能となる。

 

Binding Unit Data Are (BUDA)

本領域は、BDメディアの内容を見かけ上アップデートするためのデータを格納するための領域である。
見かけ上アップデートするための仕組みをVirtual File Systemと呼ぶ。
アプリケーションはBUDA内の次の2種類のディレクトリを読み書き可能である。
  • <bluray.bindingunit.root> / <organization_id>
  • <bluray.bindingunit.root> / <organization_id> / <disc_id>
ここでそれぞれのシンボルは次の意味を持つ。
  • <bluray.binding.root>: System Property “bluray.binding.root”の値。
  • <organisation_id>: 実行中のアプリケーションに対応する、BD-J Object file中のorganisation_id、あるいはid.bdmv中のorganization_id
  • <disc_id>: id.bdmv中のdisc_id

 


関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です