Xlet

Xletとは、BD-Jにおけるアプリケーションの最小単位である。以下、Xletに関する各種情報をまとめる。

 

Application Manager

Xletはプレーヤーに組み込まれたApplication Managerによってそのライフサイクルを制御されている。
Application ManagerがXletのライフサイクルを制御するためのインタフェースがjavax.tv.xlet.Xletであり、BD-Jアプリケーションはこのインタフェースを実装する必要がある

 

Xletのライフサイクル

Xletのライフサイクルとその制御方法については「Xletのライフサイクル」を参照されたい。

 

Application Identifier

各XletはApplication Identifierと呼ばれる固有のIDを割り当てられ、XletはこのIDを通じて特定される。詳細については「Application Identifier」を参照されたい。

 

AppsDatabase

現Titleに属するXletに関するデータベースを提供するのがorg.dvb.application.AppsDatabaseクラスである。
このクラスを使用することで以下のことが可能となる。
  • 現Titleに属するXletのリストの取得
  • 指定したXletの属性の取得(AppAttributes)
  • 指定したXletの制御・状態取得のためのProxyの取得(AppProxy)

 

Inter Xlet Communication (IXC)

セキュリティ上、異なるXletは別のクラスローダによりロードされることになっており、別のXletのpublicなメソッドや変数を直接参照することはできない。その代わりにIXC(Inter Xlet Communication)という仕組みを使いインタフェースを公開したり、公開されたインタフェースを通じてメソッド呼び出しなどを行うことが可能となっている(署名つきXletに限る)。

関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です