Title unbound application

本ページではTitle unbound applicationおよびDisc unbound applicationについての情報をまとめる。

 

Titleを跨いだXletの継続実行(Title unbound application)

以下の条件を同時に満たすことで、XletのライフサイクルをTitleを跨いだものにすることが可能である。
  • XletのライフサイクルをTITLE_UNBOUND_DISC_BOUNDに設定
  • 切り替え先のTitleでも同じApplication Identifierを持つXletを宣言 *1

BDメディアを跨いだXletの継続実行(Disc unbound application)

以下の条件を満たすことで、BDメディアを排出した後もXletを継続実行することが可能である。
  • XletのライフサイクルをTITLE_UNBOUND_DISC_UNBOUNDに設定
このとき、BDメディアを排出している間もXletからは以下の機能が使用可能である。
さらに以下の条件を満たすことで、BDメディアを再挿入した後も継続実行可能。

 


関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です