BDMVのコンテンツモデル

本ページでは、BDMVにおけるコンテンツの構成要素とその関係についての概念的なモデルを説明する。

BDMVのコンテンツの基本的な構成を下図に示す。

                   Title#1
Index Table --+---------------> BD-J Object --+--> Xlet
              |                               +--> Xlet
              |                               +--> Movie PlayList --+--> Clip
              |                                                     +--> Clip
              :
              | Top menu title
              +---------------> Movie Object -+--> Movie PlayList --+--> Clip
                                                                    +--> Clip

以下、各構成要素とその関係について説明していく。

Title

BDMVの基本的な再生の単位はTitleである。TitleとはAVデータとインタラクティブ機能で構成される一まとまりのコンテンツのことを指し、それは映画本編であったり、ボーナスコンテンツであったり、メニュー画面であったりする。BDMVに準拠したBDメディアには1個以上のTitleが記録されている。

Titleに関する情報について、ここにまとめてあるので参照されたい。

Index Table

各Titleの役割を定義するのがIndex Tableである。Index Tableにより、BDメディアをプレーヤに挿入したときに最初に再生されるTitle(First play Title)や、メニューボタンを押下した際に再生されるTitle(Top menu Titleなどが決定される。

Index Tableに関する情報について、ここにまとめてあるので参照されたい。

BD-J Object / Movie Object

Titleの実体を定義しているのが、BD-J ObjectとMovie Objectである。2つのObjectの違いは用いるインタラクティブ機能の違いによるものである。TitleはBD-J ObjectかMovie Objectのいずれかで構成され、BD-J Objectで構成されるTitleをBD-J Title、Movie Objectで構成されるTitleをHDMV Titleと呼ぶ。

BD-J Objectはインタラクティブ機能にBD-J (BD-Java) 仕様に基づくJavaを採用することで多様なインタラクティビティを実現している。一方、Movie Objectは、DVD-Videoライクな再生制御専用バーチャルマシンを採用することで、映像パッケージに求められる本質的な機能を低コストで実現している。

BD-J Objectに関して、ここに情報をまとめてあるので参照されたい。

Movie PlayList

BD-J Object / Movie Objectが再生制御する対象であるAVデータの構成や属性を定義するのがMovie PlayListである。Movie PlayListでは、同時に再生するAVデータの組み合わせやAVデータの再生順を静的に定義する。

Movie PlayListに関して、ここに情報まとめてあるので参照されたい。

Clip

再生対象であるAVデータがClipである。ClipはAVデータ実体と、AVデータの属性情報やランダムアクセス用の情報などで構成されている。

Clipに関して、ここに情報をまとめてあるので参照されたい。