Disc unbound application用設定

Disc unbound application用のBD-J Object fileの設定例。
本例ではXlet(Monitor)が次のライフサイクルを取る。
  • First play Titleにおいて起動され、BDメディアを排出し、再度同じBDメディアを挿入しても継続実行

 

Disc unbound application用設定のポイントは、次の2点である。
  1. BDメディア排出前に再生しているTitleFirst play Titleとの間で共通のXletを宣言
  2. 1で宣言したXletのbindingを”TITLE_UNBOUND_DISC_UNBOUND”に設定

 

以下、First play Title用BD-j Object filebdjo向け設定例の抜粋。

Top menu Title用設定抜粋

<applicationManagementTable>
        <applications>
            <applicationDescriptor>
                <baseDirectory>00000</baseDirectory>
                <binding>TITLE_UNBOUND_DISC_UNBOUND</binding> <!-- ポイント2 -->
                <classpathExtension></classpathExtension>
                <iconFlags>0x0</iconFlags>
                <iconLocator></iconLocator>
                <initialClassName>Monitor</initialClassName>
                <priority>3</priority>
                <profiles>
                    <majorVersion>1</majorVersion>
                    <microVersion>0</microVersion>
                    <minorVersion>0</minorVersion>
                    <profile>1</profile>
                </profiles>
                <visibility>V_11</visibility>
            </applicationDescriptor>
            <applicationId>0x4000</applicationId>
            <controlCode>0x1</controlCode>
            <organizationId>0x7fff0001</organizationId>
            <type>0x1</type>
        </applications>
    </applicationManagementTable>

関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です