Interactive Audioの再生-4

HSoundを使用した、byte配列上のInteractive Audio再生のサンプルコード。

 

Sound data fileと同じデータフォーマットをbyte配列上に生成することで、任意のInteractive Audioを再生することが可能となる。

 

 

Main.java

 

import java.io.FileInputStream;
 
import javax.tv.xlet.Xlet;
import javax.tv.xlet.XletContext;
 
import org.havi.ui.HSound;
 
public class Main implements Xlet{
    String fs = System.getProperty("file.separator");
    HSound hs;
    public void initXlet(XletContext context){
        try {
            String media_root = System.getProperty("bluray.vfs.root");
            hs = new HSound();
            FileInputStream fis = new FileInputStream(media_root+fs+"BDMV"+fs+"AUXDATA"+fs+"sound.bdmv");
            byte[] buf = new byte[fis.available()];
            fis.read(buf);
            hs.set(buf);
            hs.play();
        } catch(Throwable thr) {
        }
    }
    public void startXlet(){	}
    public void pauseXlet(){	}
    public void destroyXlet(boolean unconditional){
        hs.dispose();  // メモリの開放
    }    
}

 


関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください