既存パッケージを使用する設定

JARファイルで提供される既存パッケージを利用する場合の設定例。

 

ポイントは次のとおり
  1. 既存JARファイルをBD用にリネーム(5桁の数字+”.jar”)
  2. 既存JARファイルに対するBD-J Object fileappCacheInfo->entriesを追加し、nameフィールドにリネーム後のファイル名を指定
  3. リネーム後のファイル名の数字部分をapplicationManagementTable->applications->applicationDescriptor->classsPathExtensionに追加
  4. 共通の署名を付与し、/BDMV/JARに置く

 

以下、既存パッケージを使用する場合のBD-j Object filebdjo向け設定例を抜粋。なお、本設定では99999.jarを既存JARとしている。

既存パッケージを使用する設定の抜粋

<appCacheInfo>
        <entries>
            <language>*.*</language>
            <name>00000</name>
            <type>1</type>
        </entries>
        <entries>                                                       <!-- ポイント1,2 -->
            <language>*.*</language>
            <name>99999</name>
            <type>1</type>
        </entries>
    </appCacheInfo>
<applicationManagementTable>
        <applications>
            <applicationDescriptor>
                <baseDirectory>00000</baseDirectory>
                <binding>TITLE_BOUND_DISC_BOUND</binding>
                <classpathExtension>/99999</classpathExtension> <!-- ポイント3。なお複数使用する場合は';'で区切る -->
                <iconFlags>0x0</iconFlags>
                <iconLocator></iconLocator>
                <initialClassName>Main</initialClassName>
                <priority>3</priority>
                <profiles>
                    <majorVersion>1</majorVersion>
                    <microVersion>0</microVersion>
                    <minorVersion>0</minorVersion>
                    <profile>1</profile>
                </profiles>
                <visibility>V_11</visibility>
            </applicationDescriptor>
            <applicationId>0x4000</applicationId>
            <controlCode>0x1</controlCode>
            <organizationId>0x7fff0001</organizationId>
            <type>0x1</type>
        </applications>
    </applicationManagementTable>

関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください